「高輪ゲートウェイ」「梅小路京都西」「南町田グランベリーパーク」…住民が苦杯を嘗め続ける不遇な駅名称変更の歴史

「高輪ゲートウェイ」「梅小路京都西」「南町田グランベリーパーク」…住民が苦杯を嘗め続ける不遇な駅名称変更の歴史

「高輪」「芝浦」ではなく「高輪ゲートウェイ」、山手線新駅

JR山手線、品川ー田町間に2020年春に開業する新駅。

1971年の西日暮里以来、実に49年ぶりの山手線新駅となります。

一般公募されていたその駅名称については最終的に60,000件超を集めており、世間の関心の高さを示しました。

新駅の西側に当たる地名「高輪」が8000件超で最多、続いて「芝浦」「芝浜」など、新駅が置かれる土地の地名であったり、環状を描く他の駅との調和が取られたような、シンプルな駅名が多く支持されていました。

しかし決定は「高輪ゲートウェイ」。

「江戸の玄関口という役割を果たしたエリアで、ゲートウェイの機能を果たした場所」という背景からの決定とのことですが、案の定というべきか、利用客からは賛否両論が噴出しました。

Advertisement

繰り返される「民意が反映されない」悲しい駅名変更の歴史

多数決ではなくあくまで公募ですので、1件でも届いた駅名案を選考の候補とすることについては掟破りとまでは言えません。

しかし、「高輪ゲートウェイ」の応募数は36人。

カタカナを含む駅名は山手線・京浜東北線共に初めて。ゲートウェイというのは近隣の施設名でもない。

「余計なもの付けずに高輪でいいじゃんか!」の心情も無理もありません。

 

そしてこうした住民の意思の敗北は、これまでも幾度となく繰り返されてきました。

京都ー丹波口間の新駅は「梅小路京都西」

2019年春、山陰本線に開業予定の新駅。

京都水族館や京都鉄道博物館の開業で需要が高まっていたエリアに待望の新駅開業でした。

こちらも山手線新駅同様に公募が行われており、「梅小路」が最多、続いて「梅小路公園」と、水族館や博物館が入る総合公園の名称が多く応募されました。

しかしJR西日本の京都市発表は「梅小路京都西」。

「梅小路」だけでは京都感が伝わりづらいと考えたようで、「京都」駅の「西」側に位置することから「京都西」が付け加えられました(一応「京都西」も応募数6位)。

阪急と阪神が三宮から神戸三宮駅に改称したのと発想は同じですが、『ターミナル名+方角』が地名の後に付くというのもどこか妙な気が・・・。

Advertisement

南町田は商業施設の開業に先立ち「南町田グランベリーパーク」へ

南町田駅前に整備が進むモール「グランベリーパーク」。

閉店したグランベリーモール跡地で、2019年秋に満を持してグランベリー〜が帰ってくる!といった具合です。

南町田に平日も急行が停まるようになるなど東急の本気が見て取れる事業ですが、その熱量の方向はその駅名にも。

「新しいまち名称の認知度向上に加え、住民の方々のまちへの愛着醸成や、訪れる方には駅に降り立った瞬間に新しいまちに来たことを実感してほしい」

との思いから2019年中にも「南町田グランベリーパーク」へ変更されます。

案の定、「駅名が長い」の声が出ています。

業平橋→「とうきょうスカイツリー」、過去3回駅名変更の不憫

当時から「業平橋という風雅な名前が消えるなんて」と異論の多かった変更例です。

しかもタワー名どおりの「東京スカイツリー」ではなく「とうきょう」という平仮名表記。

東武伊勢崎線にまで東武スカイツリーラインという愛称が付けられてしまいました。

この現「とうきょうスカイツリー」、業平橋の前にも2度駅名が変わっています。

1902年吾妻橋駅として開業するも、開業2年で色々あって廃止に

しかしまたすぐ後に東武でのターミナル駅確保の必要性から1910年には浅草駅として旅客営業再開。

1931年に東武が雷門の方まで延伸したことでそちらが浅草駅、旧浅草駅は業平橋駅へ。

その後80余年を経て、3度目の駅名変更と相成ったのです。

「福岡」ではなく「博多」の駅名、裏には市名を争う大紛糾

一気に時代が飛んで1889年。

明治政府による市町村制の実施により、現在の博多駅がある地域でも市の名称を決めようという話になりました。

そこでの二大勢力こそが、元来使われてきた地名である「博多市」派と、黒田氏が祖先の故郷・備前福岡(現在の岡山県)から拝借した「福岡市」派。

血を血で洗うような争いがあったといいます。

市議会の決戦投票日には相手議員の軟禁なんてこともあったとかなかったとか・・・。

結局は僅差で「福岡市」に軍配。

商人の町で古くより町民に親しまれてきた博多の名を冠することは、夢と消えました。

ただしその折衷案として「代わりに駅の名前は博多で」という恩赦は計られ、現在日本有数のターミナル駅に成長した博多駅として名を残すに至ったのです。

他県民としては「福岡市なのに博多?」と不思議な感覚になるのも、こういった背景があったんですね。

鉄道唱歌はどうなるのか

「♪とうきょう、か〜んだ、あ〜きはばら」で始まる鉄道唱歌・山手線版(内回り)。

「♪し〜ながわ、たかなわゲートウェイ 、た〜ま〜ち」みたいになるんでしょうか。

東京カテゴリの最新記事